羊プラセンタの品質

羊は家畜としても一般的に利用されており、価格も安く比較的クリーンな動物と言う事が出来ます。豚に比べると病気になりにくく、人への適応性に優れており品質が高いと言えるでしょう。一般的にプラセンタの原料として使われるのは、馬や豚なのですが一部の商品では羊の胎盤を使ったものもあります。使われている数は少ないかもしれませんが、病気にかかりにくくクリーンである事、人への馴染みを考えると今度期待できる原料です。
羊が育つ環境は、ニュージーランドやオーストラリアなど広大な土地でゆったりと育てられており、ストレスが少なく健康面でも優良です。安全性が高いと言われるのは、飼育環境にも恵まれているという理由もあります。
馬プラセンタと比較すると、馬の方がアミノ酸の量が多いとも言われています。また、サラブレッドを原料としたものは大変貴重で数も少ないため、馬プラセンタの方が高価である事が多いです。馬プラセンタより手軽な価格で、豚よりクリーンな環境で育てられた動物を選びたいなら羊のプラセンタをお勧めします。栄養価が高いプラセンタをご希望でしたら、馬プラセンタの方が良いでしょう。
それぞれの価格、品質を比べながら適切なプラセンタを選んでみて下さい。

注目コンテンツ

banner 豚プラセンタの安全性

詳細はコチラ

banner 羊プラセンタの品質

詳細はコチラ

banner 馬プラセンタが一番品質が高い

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 馬プラセンタと他のプラセンタの違い. All Rights Reserved.