豚プラセンタの安全性

豚は家畜としても育てられており、安価なプラセンタとして使用することができるでしょう。しかし、馬と比べて感染症にかかりやすい事や、多くの薬剤を使用している可能性もあり、品質の高さで選ぶならあまりお勧めできません。動物のプラセンタの中でも比較的多く使われており、価格の安さを重視するなら良いでしょう。
豚は元々細菌感染を起こしやすい動物で、病気を予防するために事前に薬剤を多く使用しています。薬剤が胎盤に影響を与え、品質が低下してしまう事は考えられます。
豚は感染症にかかりやすい動物ですが、クリーンな環境で徹底的な管理のもの育てられた豚は、比較的薬剤の使用が少ないと言われています。SPF豚は抗生物質を一切与えず、健康な状態で育てた豚の事です。食品として選ぶ際にも積極的に選びたい品種で、更にプラセンタ製品でも選んでみると良いでしょう。
豚と馬プラセンタを比べてみると、価格の安さがメリットの一つです。SPF豚など比較的クリーンな豚を原料としたものは、価格がやや高めになります。品質の面や、価格を考えてみて豚と馬どちらがメリットが高いのかを考え選んでみて下さい。より安全性の高いプラセンタを望んでいるなら、馬プラセンタを選んだ方が確実でしょう。

注目コンテンツ

banner 豚プラセンタの安全性

詳細はコチラ

banner 羊プラセンタの品質

詳細はコチラ

banner 馬プラセンタが一番品質が高い

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 馬プラセンタと他のプラセンタの違い. All Rights Reserved.