馬プラセンタと他のプラセンタの違い

馬プラセンタと他のプラセンタの違いについて。

プラセンタの種類について

プラセンタは様々な原料から作られています。動物の胎盤を利用したもの、植物から作られたものなどもあります。主に動物の胎盤から抽出したものがプラセンタと言う事ができますが、植物にもプラセンタと同じ働きをする成分があり植物性プラセンタとも呼ばれています。どちらが良いかはそれぞれで、動物性だからと言って品質が劣る、アレルギーが起こりやすいとは言う事ができません。特に植物成分にこだわる方でなければ動物性のプラセンタのほうが良いでしょう。効果も動物のプラセンタのほうが高いと思われます。
動物から抽出されるものでは、豚・馬・羊などから利用されています。人の胎盤を使用したものもありますが、美容や健康目的として使われるのではなく、医療用として使われている事がほとんどです。一般の人が手に入るものはこれら動物から抽出したものとなります。
最近は動物の品質を考え病気が少ない動物を選びたい方も増えています。プラセンタも同様で、クリーンな環境で育てられた動物を選ぶと良いでしょう。中でも馬はクリーンな肉を持ち、元々細菌感染が少ないことから、余計な薬品を使用していないため高い品質として選ばれています。牛はBSE問題から最近は使用されていません。

注目コンテンツ

banner 豚プラセンタの安全性

詳細はコチラ

banner 羊プラセンタの品質

詳細はコチラ

banner 馬プラセンタが一番品質が高い

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 馬プラセンタと他のプラセンタの違い. All Rights Reserved.